ロクワの家株式会社小野組 ライフビルダーG

ロクワの家

ブログ
blog

2021年11月25日 | ブログ

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)って?

ロクワの家 スタッフの髙田です。

紅葉シーズンも終盤、落ち葉が舞い散る季節から、そろそろ雪が気になる季節ですね。

前回まで、プランニングの進め方で、外観についての打合せをご紹介しました が、 今回はガラリと変わって、光熱費についてのお話です。

突然ですが、弊社は先日ZEHビルダー登録を致しました。

これはZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)を推進し、実際に計画、 施工を行うにあたり必要な登録になります。

光熱費のお話から、なぜZEHのお話かと申しますと、まずはZEHの定義から
簡単にご説明いたします。

ZEHとは、簡単に言うと、建物を省エネ化し、家庭で消費するエネルギーを
再生可能なエネルギー(太陽光や風力発電等)で補える住宅と言う事になります。

生活する上で必要なエネルギー、具体的には、冷暖房、換気、照明、給湯等 の設備で消費するエネルギーで、主に電気やガス、灯油で賄っているご家庭が ほとんどだと思います。

地球温暖化が進み、その抑制を図るのに温室効果ガスの排出をいかに抑えるか
が問われる昨今、政府としてもその一環として、家庭から排出される温室効果
ガスを抑えるようとの政策を推進しています。

遠い将来では、ZEHの義務化も見据えられているようです。

ここ数日の報道でも、外壁、サッシの高断熱化や、空調設備の省エネ化を義務化
しようと言う動きも有るようです。

そこで、さらなる普及を図っていく上での促進策として、関連省庁からZEHに
対する補助金が様々な名称で交付されています。

以下にパンフレットの一部をご紹介します。

様々な補助金の中から、弊社では地域型住宅グリーン化事業での取り組みを
行っております。

上限140万円の補助金を受領できる可能性があります。補助金だけで
発電設備の全てを設置する事はできませんが、足りない分は光熱費の前払い
と考えれば、お得な方法の一つかと思います。

そして、もう一つの方法として、発電設備をリースすると言う方法も有ります。
この場合は月々のリース代を電気代と考えれば、補助金がそっくりお得になる
とも言えるかと思います。

色々な条件が有るものの、概ね、標準的な家族4人での1ケ月当たりの光熱費
程度のリース代で可能なプランもございます。

新築計画の際には、光熱費のエネルギーについて、今までの電気、ガスと共に
ZEHも検討候補に加えてみてはいかかでしょう。

すべてのお知らせ
information

お知らせ一覧へ

facebookfacebook instagraminstagram instagraminstagram TwitterTwitter

© 2021 小野組 Co.,Ltd. “コト”をかなえる家づくり ROKUWA